2015年11月23日 (月)

オクスフォード大学に出願する2

(承前)

4.面接
面接はスカイプを通じて行われた。インタビュアーは2名、時間は30分ほどであった。出願動機、研究目的、これまでの経歴、今後のキャリア、海外で多くの多様な留学生の中でやっていく自信はあるか、PhDを持っているのになぜまた修士課程に出願したのかなど、きめ細かく訊かれた。

インタビューも終わりの方になるとインタビュアーの一人は上機嫌で、「通知が届くまで3週間ほどかかるから待っててね」ともう合格したかのように今後のことを、あれこれと教えてくれた(日本ではそんな会話はあり得ない 笑)。

5.学部からの合格通知
3週間ほどして学部からの合格通知が届いた。が、これが条件付き合格(conditional offer)だったのだ 涙。英語圏の大学で学位を取っていたので語学試験免除申請を出したのだが、「語学試験免除の申請が通らなかったので、語学試験を受験せよ」とのお達しである。これにはかなり驚いた(後でオクスフォードのほかの学部の教員に訊いてみても、そのようなことは珍しいという)。前回の留学が20年近く前だったからか、出願書類や面接時の英語が拙かったからか、理由は定かではない(実際に留学してみると、クラスメイトの第一言語はすべて英語で英語力の差は明らかだったので、仕方ないかなとも思う)。

仕方なくIELTSを受験した。オクスフォード大学では、オーバーオール・スコア7.5以上、各コンポーネント7.0以上の成績が求められる。1回目の試験でオーバーオール・スコア7.5を取ったが、ライティングが6.5で7.0に届かなかった。その後も再受験するがライティングがどうしても7.0に届かない。しかし釈然としないものがあったので学部に経過を説明し、英国で博士号も取っているし、英語で本も論文も出版しているのだが、各コンポーネント7.0以上の成績が必要かもう一度問い合わせてみると、「それならいいです」とあっさり無条件合格(unconditional offer)に変わった(・・・一体なんなんだ??)。

こういうところは、故意に裁量の余地を大きめに残す英国流の選考方法である。日本ならばそもそも語学試験免除申請の時点で確実に語学試験は免除されたであろうし、語学試験を課されることになったなら、IELTSで7.0に届かないコンポーネントがあれば確実に落ちただろう。よく言えば柔軟性に富んだ、悪く言えばいい加減なものである。

6.カレッジからの受け入れ通知
その後、出願に際して第一希望としたNew Collegeから受け入れの通知があった。オクスフォード大学には40ほどのカレッジ(学寮)があり、学生はそのいずれかに所属することになる。歴史、学生数、得意分野、名声・財力などは様々だが、教育学研究科からだと出願できるカレッジは、以下の通りであった。

学部生・大学院生のカレッジ:Brasenose, Exeter, Harris Manchester, Jesus, Lady Margaret Hall, New, Pembroke, Regents Park, St Anne’s, St Catherine’s, St Edmund Hall, St Hilda’s, St Hugh’s, St Peter’s, Trinity, Wolfson and Worcester
大学院生のみのカレッジ:St Antonys, Linacre, Green Templeton, St Cross, Kellogg and Wolfson

この中から選ぶなら、個人的にはNew Collegeが筆頭にくる(オクスフォード全体の中から選ぶならNew Collegeに加えて、Balliol, Christchurch, Magdalen, Merton, Nuffield, St. John'sあたりが入る←カレッジの財力と知名度で選んだ)。

参考:オクスフォード大学の各カレッジの財力

参考:オクスフォード大学のカレッジ別の学力ランキング(学部生)≒知名度

カレッジへの受け入れが決まれば、出願手続きはすべて終了ということになる。
こうして無事にオクスフォード大学への留学が決まった。

そもそも過労で倒れるというアクシデントがきっかけで始まった大学院受験だが、まだ修士課程くらいなら合格できることがわかってほっとした。体調や仕事との兼ね合いで併願もできずリスクは高かったが、結果的には集中できたのかもしれない。毎年多くの学生の大学院進学指導や推薦状作成をしているが、それも役に立ったといえそうだ。

大学院の受験も、就職活動も、奨学金や研究資金の申請も、出願の基本は同じだ。つまり

「自分はどういう人間か、これまでどのように生きてきたか(自己紹介・これまでの実績)、

なぜこれをしようとしているのか(志望動機)、

ここでの経験を今後どのような貢献に変えてゆくか(将来展望)」

という3点をいかに説得的に語れるかにあると思う。出願はいろいろと面倒なことも多いが、その中でこの3点を語れる場所は意外に少ない。十分に練った書類を作れるかが試されるのだ。

以上、留学を考える人の参考になれば幸甚である。


Related entries

- オクスフォード大学に出願する1

- 啐啄同時2

- 最後まで粘った話二題

- 奨学金をとった話

- 800th Anniversary

| | コメント (0)

2015年11月22日 (日)

オクスフォード大学に出願する1

留学を考えている方の参考になればと思い、2015年10月にオクスフォード大学大学院教育学研究科に入学するまでの経緯をまとめておく。

1.出願までの経緯
2015年9月から1年間サバティカル・リーブをとれることになった。在外研究をするつもりで受け入れ先に申請を、と思っていた矢先に過労で入院してしまい、申請ができなかった。

それならばと、ずっと興味のあった高等教育論について研究することにして大学院の修士課程での留学を考えはじめる。大学教員をしているが、教育について体系的に学んだり研究したことはない。今後速いペースで進む若年人口の減少や高等教育のグローバル化を日本の高等教育機関はどのように生き抜いていくのか、ということにも興味があった。

2.出願先選び
出願先として検討したのは、ハーバード大学オクスフォード大学ロンドン大学教育研究所(IoE;現在はUCLと合併)の3校である。いずれも高等教育専攻の修士課程を持つ(母校の一つ、ケンブリッジ大学は高等教育専攻がなかった 涙)。

ハーバード大学は出願に際してGMATのスコアが要求されるが、受験している時間がなかったのでパスした。IoEも小さな子供のいる家族を連れての留学だと、ロンドンは都会過ぎてちょっと難しい。結局ほどよく田舎のオクスフォード大学に出願することにした。

通常は滑り止めも出願するものだが、時間がとれずオクスフォード大学専願となった。

3.出願書類
オクスフォード大学の選考プロセスは、学部による書類選考、面接(スカイプ面接も含む)、カレッジによる書類選考、合否の決定(条件付き合格の場合もある)となる。

出願はウェブを通じて行う。ウェブに所定の記入事項を入力してゆくが、項目は多岐にわたり、いろいろと調べながらの入力で、数日かかった。

オクスフォード大学に提出する書類は下記の通り。推薦状を除く書類のほとんどは、2014年の夏休み期間中に時間を見つけてこつこつと収集・作成した。

1.出願動機書(personal statement)
2.2000ワード以内のエッセイ2点
3.履歴書
4.推薦状3通
5.学部・大学院等の成績証明書
6.学費を支払えることを示す証明書
7.英語を母語としていない場合は英語語学試験のスコア
8.7.の英語語学試験の免除を希望する場合はその理由書

1.は、1から2ページ程度にまとめる。

2.は私の場合1点は自分の研究書の要約、もう1点は日本の大学教育システムについての概要をまとめた。アカデミック・ライティングのレベルを試すもので、大学院レベルの英語のエッセイ・論文が書けることを示せればよい。

3.履歴書の書式は自由。自分の経歴・強みを十分に伝えられるように書く。年齢が年齢なもので、書くことには困らなかった。

4.は1通は直近の学位を取得した際の指導教員からでなければならない。私の場合、1通はケンブリッジ大学博士課程時代の指導教授、2通目は互いの研究領域をよく知っていて、教科書を共著したりした経営学者、3通目は職場の同僚で授業を共同開講している経済学の先生に依頼して、引き受けてもらえた。

5.出願に必要な学部の成績は、First ClassかGood Second (2.1)もしくはそれに等しいものが求められる。GPA換算の目安は3.6以上といったところである。私は学部を1992年に卒業していて、当時はGPAの仕組みはなかったが、その場合は自分で計算して提出する。計算してみるとGPAは3.66だったので、足切りされる心配はなかった。

6.教育学研究科の学費はオクスフォード大学の中でも最も安い部類に入るが、それでもEU域外からの留学生の場合カレッジ・フィーも含めて19,000ポンドほどかかる(最も高いのはMBAの50,200ポンド)。生活費も含めるとおおむね30,000ポンドほどかかるので、必要な資金を手当てしておく必要がある。過去の留学はすべて奨学金でまかなったが、今回は自弁である。

7.IELTSなら、オーバーオール・スコア7.5以上、各コンポーネント7.0以上の成績が求められる。英語圏の大学で学位を取っていれば語学試験免除申請を出すことができるので、8.の語学試験免除申請書を出した。

続く。


Related entries

- 啐啄同時2

- 最後まで粘った話二題

- 奨学金をとった話

- 800th Anniversary

| | コメント (0)

2015年11月21日 (土)

ICU稲葉ゼミ英国支部会

ロンドンに住むゼミOGが夫婦でオクスフォードを訪れた。

ご主人のオクスフォード時代の友人の結婚式とのことで、式までの間お茶をしながら、こちらでの生活の話を聞き、私がオクスフォードに留学するまでの経緯を話す。

P1130864

彼女はLSEを卒業し、現在はロンドンで監査法人に勤務している。臆することなく外資企業の海外のオフィスで働いているところが頼もしい。

こんなところで小さな支部会を開ける僥倖に感謝である。



Related entries

- 啐啄同時2

- 最後まで粘った話二題

- 奨学金をとった話

- 800th Anniversary

- 啐啄同時

 

- ゼミ卒業生との食事3

- ゼミ卒業生との食事2

- ゼミ卒業生との食事

 

- ICU 卒業式2014

- 卒業研究打ち上げ2014

- 卒業研究発表会2014

- Sunday Service

- ゼミOB新年会

- ゼミOBと忘年会

- ゼミ合宿2013 Day2

- ゼミ合宿2013 Day1

- ゼミ飲み会(Autumn 2013)

- ゼミ飲み会(Spring 2013)

- ICU卒業式2013

- 最後まで粘った話二題

- ゼミアルバム

- 卒業研究発表会2013

- 締め切り前日

- ゼミ合宿2012

- ゼミ飲み会(Autumn 2012)

- ゼミ生有志とBBQ

- ゼミの写真撮影2012

- ゼミ2期生OB会2012

- 企業家研究フォーラム年次大会2012

- ゼミ飲み会(Spring 2012)

- ゼミ生からの贈り物

- 卒業研究打ち上げ2012

- 卒業研究発表会2012

- 卒業論文

- ゼミ合宿2011

- ゼミの写真撮影

- ゼミの就活ジンクス

- 啐啄同時

- ゼミOB会

- ゼミ飲み会(Spring 2011)

- 卒業ライブ

- 卒業茶会

- 宴のあと

- 卒業研究発表会2011

- ゼミ合宿2010

| | コメント (0)

2015年11月17日 (火)

Oxford Union Society: Sir John Young "Jackie" Stewart

オクスフォード・ユニオン・ソサエティの講演会に出席。

各界の著名人が招かれるが、今回はF1ワールドチャンピオンを3度獲得した往年の名レーサー、サー・ジャッキー・スチュワート。

P1130776

ディスクレシア(難読症)のため早くから学業を諦め、自動車修理工をする傍ら、レースに誘われて才能を開花させた。

現役時代は緻密なレース運びで多くのレースに勝利し、後には自らもチームオーナーになった。

講演のほとんどは、レースそれ自体よりも勝つための仕組み作りの話だった。勝つためには、チームマネジメントやスポンサーの確保といったことにも目配りが必要だと強調して、関係者との関係づくりの要諦を、人なつこいスコットランドなまりで説く。

隣に座って知り合ったビジネススクールのMBAの学生とともに、「ビジネス」の進め方に感心しきりであった。

P1130779

講演が終わるとユニオンのバーでビールを飲みながら、気さくにメンバーと会話を交わす。

かつてのワールド・チャンピオンは若い学生との会話を遅くまで楽しんでいた。

- Related entry

Oxford Union Society: Tim Harford

| | コメント (0)

2015年11月16日 (月)

Oxford University libraries 3: Radcliffe Camera

オクスフォード大学には、中央図書館たるボドリアン・ライブラリーをはじめ、学部,カレッジ、研究所と全部で98の図書館・図書室がある。

オクスフォード大学を象徴する建物、ラドクリフ・カメラ。

オールド・ボドリアン・ライブラリーの別館的位置づけである。

P1130805

P1130799

P1130798
荘重な趣だが、ドーム状の天蓋は小さな物音も大きく反響させてしまう。

静かな読書環境を求める人には、残念ながら不向きな図書館である。

 

Related entry

- Oxford University libraries 2: Said Business School

- Oxford University libraries 1: Education

| | コメント (0)

2015年11月15日 (日)

River Isis

オクスフォードを流れるテムズ川の支流、River Isis。

P1050578

快晴の日曜日、川岸を散歩した。

川岸には各カレッジのボートハウスが建ち並ぶ。

P1050582

P1050583

水門に架かる石橋は、静かに流れを見守っている。

P1050599

家族連れで賑わう、水門近くのパブ。

日本に残してきた家族を思い出して、少々切なくなったり 笑。

P1050605

P1050601

平和な午後であった。

P1050627

 

 

| | コメント (0)

2015年11月12日 (木)

ぷち打ち上げ

中間考査のレポートを提出して一息ついたので、みんなで食事をしようということになり、クラスメイトをカレッジに招いた。

この国の外食は高い(パスタを頼んで2000円とか)が、カレッジのフォーマル・ホールならフルサービスの3コースで1000円強なので、学期中、学生たちはお互いのカレッジのフォーマル・ホールに呼んだり呼ばれたりして交流する。ワインやビールは自分たちで持ち込むことができるのもありがたい。

P1130744
P1130746
自炊からも解放され、しばしのリラックス。

| | コメント (0)

2015年11月11日 (水)

Oxford University libraries 2: Said Business School

オクスフォード大学には、中央図書館たるボドリアン・ライブラリーをはじめ、学部,カレッジ、研究所と全部で98の図書館・図書室がある。

非営利マーケティング、サービス・マーケティングの文献探しで立ち寄った、サイード・ビジネススクールのThe Sainsbury Library。

P1130751
アッパー・フロアはクワイエット・ゾーンで、静かに読書する学生たちの場所。

P1130752
ロアー・フロアは、グループワークでディスカッションしているMBAの学生たちの声で賑やかだ。

おそらくオクスフォード大学の中で一番開館時間が長い図書館だろう。

  

Related entry

- Oxford University libraries 1: Education

| | コメント (0)

2015年11月10日 (火)

Graduate Seminar

オクスフォード大学では学期中、夕方になると各種セミナーが毎日開かれる。

今日は大学院生主催のgraduate seminarで、クラスメイトの発表。

米英の大学の上海、シンガポール、ドバイなどへの複数キャンパス展開について。

P1130740
P1130742
日本ではあまり話題にならない世界の高等教育機関の動きを、若い研究者の眼で教えられる。


| | コメント (0)

2015年11月 6日 (金)

Nissan Institute of Japanese Studies

Nissan Institute of Japanese Studiesで行われた日本の教育のセミナーに参加した。

ケンブリッジ大学博士課程時代の指導教授で最近オクスフォードに移籍したヒュー・ウィタカー教授、教育社会学者の苅谷剛彦教授、教育学修士課程での指導教授の一人ロジャー・グッドマン教授といったメンバーとセミナーを拝聴する。

セミナー後、苅谷先生にSt Antony's Collegeのフォーマルホールにお招きいただいた。ハイテーブルに招かれてのディナーなので、周囲はみなカレッジのフェローとそのゲストということになり、少々緊張する。St Antony'sはgraduate collegeなので、こういう席での食事のレベルは高く、大変満足した。

研究の話、日本の教育の話、オクスフォード大学のアドミニストレーションの話などを興味深く聞く。とりわけ彼らの研究の話に引き込まれる。ここまでの業績を上げるフェローたちの才能と努力たるや、ただ感心するばかりである。

P1130706
左から苅谷剛彦教授、一人おいてヒュー・ウィタカー教授、さらに一人おいてロジャー・グッドマン教授。


Related entries

- 師との再会

- Oxford visit 2012 

| | コメント (0)

2015年11月 1日 (日)

Sunday brunch

日曜日の午前中、カレッジのMCR(Middle Combination Room;大学院自治会)が主催するSunday brunch。

大学院生談話室に三々五々集まった学生たちは、届けられた大量のバゲット、ベーグル、サラダ、チーズ、ハム、キッシュ、ヨーグルト、フルーツなどを思い思いに取り、小一時間ほど歓談する。

P1130691
P1130693
カレッジはこのような交流の場を重視しており、必要な費用はすべてカレッジの予算から支出されている。オクスブリッジの多彩なカレッジ教育の一場面である。


| | コメント (0)

2015年10月31日 (土)

晩秋の学寮庭園

週末のカレッジの静かな午後。

所属しているカレッジの庭は、旧市街地を囲んでいた中世の城壁に囲まれている。

夏になれば学生たちで賑やかになるであろう庭園も、今はとても静かだ。

P1050545

P1050548

P1050553

P1050555
New College Gardens

 

 

Related entry

- New College

| | コメント (0)

2015年10月30日 (金)

Classmates

教育学修士課程高等教育専攻のメンバーは11人。

クラスメイトの誕生日を、チューター(とそのお子ちゃんたち)もまじえてお祝いする。

P1130686
教育への関心が引き合わせてくれた、同志たち。このうち学部で教育学を学んだのは二人だけで、あとは歴史、法律、マーケティング、政治学に経営学とメンバーのバックグラウンドは多彩である。

| | コメント (0)

2015年10月29日 (木)

Department of Education, Oxford

所属しているオクスフォード大学大学院教育学研究科はこんなところだ。

P1130734
19世紀のアパートメントを改築したとても簡素な建物で、その質素さにおいて大学一二を争っている 笑。

学部は持たず大学院だけの構成なので、これだけでも十分用が足りるのだろう。

P1130735

P1130736

閑静な住宅街に囲まれ、裏手はUniversity Parksに面している。
そんな中で院生達は黙々と机に向かっていた。

| | コメント (0)

2015年10月28日 (水)

Oxford Union Society: Tim Harford

オクスフォード・ユニオン・ソサエティ。200年近い歴史を持つディベーティング・ソサエティである。

学期中の毎週木曜日に行われるディベートと不定期に開かれる著名人を招いての講演会は、いつも大変な人気である。

P1130678
今日はエコノミストで、フィナンシャル・タイムスのコラムニストを務めるティム・ハーフォードの講演会。著名な投資家でもあった経済学者ジョン・メイナード・ケインズとアーヴィン・フィッシャーが1929年の世界恐慌に直面した際の、彼らの判断についてのレクチャーであった。

市場の動きが変わったとして、それまでの投資戦略をあっさり放棄して新たな投資を始めたケインズに対して、自らの市場観にこだわり続けたフィッシャーは巨額の損失を抱えることになった。

時代の変わり目に必要な、現実に即した意思決定の重要さを教えてくれたわけだが、このような堅めの話題でも活発に議論する聴衆(主に学部学生で専攻は多様)のレベルの高さに感心することしきりである。

| | コメント (0)

2015年10月27日 (火)

Oxford University libraries 1: Education

オクスフォード大学には、中央図書館たるボドリアン・ライブラリーをはじめ、学部,カレッジ、研究所と全部で98の図書館・図書室がある。

P1130713

教育学部のライブラリー。Reading, reading, reading ...

| | コメント (0)

2015年10月21日 (水)

New College Boat Club

運動と社交を兼ねて、カレッジのボート部に入った。週に数回、早朝1時間半ほどのアウティングがある。早朝の練習ならコンフリクトもなく、適度な運動になってよい。

15年ほど前ケンブリッジ大学在籍中も漕いでいたが、今となっては年齢も年齢なのでアウティング回数も練習強度も控えめのボートに乗る。

今日はInner Crew Dateと銘打った新歓コンパ。

P1130666
P1130667
さすがボート部、男女問わず体格もよいしよく食べる。それにつられて食べると、体重が増えそうで要注意だ 笑。

彼らはまたアルコールも強い。林立するワインボトルからも察せられるとおり、各人が1本ずつワインを持参し、しかもすべて空けていった。頼もしい限りである。



Related entries

- LMBC Dinner

- LMBC Reunion

- LMBCの後輩

- LMBCの服飾的貢献

- The Last Monday Bar Club

| | コメント (0)

2015年10月20日 (火)

The Idea of a University

高等教育論のテキスト。ジョン・ヘンリー・ニューマンのThe Idea of a Univeristy。

P1130872
なるほど教育哲学から入るのか。フランスのルソー、米国のデューイ、ドイツのフンボルトに対して、英国ではやはりニューマンが筆頭にくる。

知識と教育の関係とは?

教養教育とは?

教育と研究の関係とは?

哲学と神学はどのように大学教育に関わるのか?

・・・。

現代でも重要なテーマだが、200年近く前の大学教育者は自らの考えを明快に伝えてくれる。

| | コメント (0)

2015年10月17日 (土)

Matriculation

学年第一週の最終日、オクスフォード大学の入学式(Matriculation)が行われた。

サブ・ファスクと呼ばれる正装をまとい、朝の8時にカレッジに出向く。

P1130631

フェローが点呼を取る。寝坊して遅刻する者、多数 笑。

点呼の際に、私は'Are you incorporating with Oxford?'と特に確認された。

オクスフォード大学への入学は、そもそもは(アカデミック・)ギルドへの加入儀礼であった。
中世から続くこのギルドは、ケンブリッジ大学、アイルランド・ダブリンのトリニティ・カレッジのそれと同格らしく、これら両大学に所属していた者は、あらためてオクスフォード大学に「加入(matriculate)」し直さなくともよいことになっているらしい。

私は既にケンブリッジ大学で学位を取っていたので、そのことをわざわざ確認してくれたようだ。折角なので、オクスフォードにも加入することにした(ちなみに、加入しないとどうなるのかは聞きそびれた)。

P1130644

式場となるシェルドニアン・シアターに向かう。

P1130655

P1130652

ラテン語で式は進み、無事入学を認められた。

同期たちと記念撮影。

12116013_10153638108794424_86828632

12141631_931361893603982_8193588034

さて、一年間がんばらねば。

Image2

| | コメント (0)

2015年10月15日 (木)

Housemates

大学院生用の寮の一つのステアケースには、6人が住む。

我々のステアケースは、英国人二人、イタリア人、ドイツ人、シンガポール人、日本人が各一人という構成。

この日は、ハウスメイトの一人がペストソースのパスタとサラダを振る舞ってくれた。

真剣に議論しているように見えるが、実は自分がどれだけプレッツェルが好きかを熱弁しているところ 笑。

P1130619

授業も本格化していないので、みんなまだ余裕がある。

P1130620

| | コメント (0)

«Freshers' dinner