2016年11月28日 (月)

ゼミ合宿2016

恒例、秋休みの終わりに行われる2泊3日のゼミ合宿。

ゼミ生たちが、入念に準備中。

Dscf0337

Dscf0339

今年は伊東に遠征。

なまこ壁に木造3階建ての渋い宿。オフタイムには湯量たっぷりの温泉が待っている。

Dscf0342

ゼミ。

Dscf0353

一人の持ち時間は30分。ドラフトをもとにプレゼンテーションをして、メンバーからのフィードバックを受ける。

飲み。

Dscf0354

ゼミ。

Dscf0372

ランチタイム。

Dscf0364

Dscf0363

Dscf0368

無事全員の発表終了。打ち上げへ。

Dscf0374

おつかれさま。初稿提出に向けて、さらに執筆を進めて下さい。

Dscf0384



Related entries

- ゼミ合宿2013 Day2

- ゼミ合宿2013 Day1

- ゼミ合宿2012

- ゼミ合宿2011

- ゼミ合宿2010

- ゼミ合宿2009

- ゼミ合宿2008

| | コメント (0)

2016年11月22日 (火)

Autumn Campus 2016

朝晩冷え込むようになり、キャンパスも秋色が深まってきた。

Dscf0297

秋休み中の校舎は、静かに冬学期に備える。

Dscf0298_2

Related entries

- Autumn Campus 2013

- Autumn Campus 2012

- Autumn Campus 2011

- Autumn Campus 2010

- Autumn Campus 2009

| | コメント (0)

2016年11月 4日 (金)

パスタの会(Autumn2016)

学期に一度の割合で企画しているオープンハウス、パスタの会。授業を履修している学生を自宅に呼んで、パスタとワインを振る舞う。サバティカルを挟んで久しぶりの開催となった。

サラダに生ハムにバケット、そしてパスタとワインを準備して学生を迎える。

Dscf0235

今回は、専門教育科目『意思決定論』の授業を履修している学生たちを招いての企画である。

会が始まると、料理やワインをサーブしながら、いろいろ話をして、パスタを食することになってなかなか忙しい。あっという間の3時間で、今回はあまり写真を撮れなかった。

Dscf0236

最後に子供も入って一枚。

私の担当する授業は履修者の多いクラスばかりで、普段あまりじっくりと学生と話す機会がない。そんな私にとってパスタの会はとてもお気に入りのイベントである。


Related entries

- パスタの会(Winter2014)- Cancelled

- パスタの会(Autumn2013)

- パスタの会(Spring2013)

- パスタの会(Winter2013)

- パスタの会(Autumn2012)

- パスタの会(Spring2012 - C-Week version)

- パスタの会(Winter2012)

- パスタの会(Autumn2011)

- パスタの会(Spring2011)

- パスタの会(Winter2010)- Cancelled

- パスタの会(Autumn2010)

- パスタの会(Spring2010)

- パスタの会(Winter2009大学院)

- パスタの会(Winter2009)

- パスタの会(Autumn2009)

- ホーム・パーティー

| | コメント (0)

2016年10月27日 (木)

ゼミの写真撮影2016

 
ゼミのある日に、イヤーブックに掲載するゼミ写真を撮影する。

Dscf0140

Dscf0142

Dscf0145

ゼミの伝統で、この日は全員スーツ着用。

Dscf0171

寝転がるポーズも定番になった 苦笑。

Dscf0162

Related entries

- ICU祭-ゼミOBとBBQ2016

- ICU稲葉ゼミ英国支部会

- ゼミ卒業生との食事4

- ICU稲葉ゼミ英国支部会

- 啐啄同時2

- 最後まで粘った話二題

- Sunday Service

- ゼミ卒業生との食事3

- ゼミOBと忘年会

- ICU祭-ゼミOBとBBQ

- 50th ICU Festival

- 元ゼミ生たちの婚約祝い

- ゼミOBとの飲み会2

- 市大ゼミOB東京支部会2013

- ゼミOBとBBQ

- 市大ゼミ1期生東京支部会

- Roppongi Hills Club

- ゼミ生有志とBBQ

- ゼミOBとの飲み会

- ゼミ卒業生との食事2

- 元ゼミ生の結婚祝い

- ゼミ2期生OB会2012

- A Wedding Gift

- ゼミOB会

- 卒業ライブ

- ゼミ卒業生との食事

| | コメント (0)

2016年10月23日 (日)

ICU祭-ゼミOBとBBQ2016

 
 
ICU祭にあわせて開催しているゼミOBとのBBQ。体調を崩したり、サバティカルだったりで、久しぶりの開催である。
 
 
自宅庭に三々五々集まるOBたち。懐かしい顔が並ぶ。
 
 
Dscf0138
 
 
社会人になっても忘れず、訪ねてきてくれてありがとう。
 
 
Dscf0132

| | コメント (0)

2016年9月15日 (木)

ゼミ再開

 
サバティカルを終え、教壇に復帰。少しくらいギャップがあるかなと思ったが、まるで何事もなかったかのように、大学に順応している自分がいる。
 
ゼミも再開して、早速ゼミ飲みが執り行われた。
 
P1150015
 
P1150009
 
あらためてよろしく。
 

Related entries

- ICU稲葉ゼミ英国支部会

- ICU稲葉ゼミ英国支部会

- ICU 卒業式2014

- 卒業研究打ち上げ2014

- 卒業研究発表会2014

- Sunday Service

- ゼミOB新年会

- ゼミOBと忘年会

- ゼミ合宿2013 Day2

- ゼミ合宿2013 Day1

- ゼミ飲み会(Autumn 2013)

- ゼミ飲み会(Spring 2013)

- ICU卒業式2013

- 最後まで粘った話二題

- ゼミアルバム

- 卒業研究発表会2013

- 締め切り前日

- ゼミ合宿2012

- ゼミ飲み会(Autumn 2012)

- ゼミ生有志とBBQ

- ゼミの写真撮影2012

- ゼミ2期生OB会2012

- 企業家研究フォーラム年次大会2012

- ゼミ飲み会(Spring 2012)

- ゼミ生からの贈り物

- 卒業研究打ち上げ2012

- 卒業研究発表会2012

- 卒業論文

- ゼミ合宿2011

- ゼミの写真撮影

- ゼミの就活ジンクス

- 啐啄同時

- ゼミOB会

- ゼミ飲み会(Spring 2011)

- 卒業ライブ

- 卒業茶会

- 宴のあと

- 卒業研究発表会2011

- ゼミ合宿2010

| | コメント (0)

2016年9月12日 (月)

My New Eyes: Fujifilm X-Pro2

 
デジタルカメラを追加した。
 
P1090910
 
富士フイルムX-Pro2。自身初のAPS-Cフォーマットのカメラだ。サンプル写真の発色の良さと、カメラ本体のフォルムが好みで,購入に踏み切った。
 
レンズは画質重視で、単焦点レンズを選択。 XF-35mm F2(フルサイズ換算53mmの標準レンズ)とXF-16mm F1.4(フルサイズ換算24mmの広角レンズ)をとりあえず揃える。
 
P1090916
 
さて、どんな写真を紡ぎ出してくれるやら楽しみである。
 
 
Related entries
 
 
 

| | コメント (0)

2016年9月 3日 (土)

5ヶ月ぶりの我が家

 
日本に帰国し、5ヶ月ぶりに我が家の敷居をまたぐ。
 
庭はセイタカアワダチソウの森になっていた・・・。
 
P1070491
 
草刈りに汗を流す。
 
P1070493
 
何とか住めるようになった・・・ 汗。
 
三鷹の森 雑記帳を今後もよろしくお願いします。
 
P1070510a
 

| | コメント (0)

2016年8月30日 (火)

Bye bye Oxford

 
P1070484
 
留学を終え、オクスフォードを離れる。

教育学は全くの初学者だったが、高等教育は前から勉強してみたかったし、1年で修士号がとれるし、何か新しいことをやってみるのもよいかなと思って出願してみたのだが、とてもよかった。高等教育についてだけでなく、前回のケンブリッジ大学留学時以来15年ぶりにグローバル・トップの大学の最新の大学院教育を見ることが出来たことも、多くのインプットとアップデートになった。

サバティカルなので、滞在中は教育学の勉強だけではなく、同時並行で経営学の論文を1本、分担執筆で本の1章、それから共著の教科書を執筆した。カレッジのボート部やワインサークル、ユニオン・ソサエティなどでも活動できたし、大学中に知り合いが出来た。振り返ってみるとなかなか充実した滞在だったと思う。

後半の5ヶ月は、家族も合流した。皆初めての海外生活で最初の頃はいろいろと大変だったが、慣れてくるとオクスフォードでの生活を大いに楽しんでいた。まだ日本に帰りたくないし、また来たいという 笑。

オクスフォード大学の知と知性と歴史の巨大な蓄積には、目を見張るばかりであった。膨大な蔵書や電子リソースに、優れた教員と学生たちに、研究・教育の仕組みと雰囲気と歴史に。この巨大な知の伽藍とコミュニティは、数年ではとても理解したり、吸収したり、味わったりしきれない圧倒的なものだ。このような感覚を得るのも久しぶりであったし、一年とはいえ、再びそんな環境で学ぶことができたのはとても幸運なことだと思う。

下世話な話だが、このような経験にかかった学費は19,000ポンド(ざっくり学費15,000ポンド+カレッジフィー4,000ポンド)。正直言って、40台半ばの中年男がいまさら教育学の修士号を取得したとて、おそらく元は取れないだろう。では単なる自己満足、あるいは時間と金の無駄だったか?

そうかもしれない。しかし、そんなことを考えていると、『暮しの手帖』(当時は『美しい暮しの手帖』)の巻頭言を思い出す。そこには、編集長だった花森安治がこう書いている。

「これはあなたの手帖です
いろいろのことが ここには書きつけてある
この中の どれか 一つ二つは
すぐ今日 あなたの暮しに役立ち
せめて どれか もう一つか二つは
すぐには役に立たないように見えても
やがて こころの底ふかく沈んで
いつか あなたの暮しを変えてしまう
そんなふうな
これは あなたの暮しの手帖です」

読書をする、あるいは知識や教養を身につけるということは、まさしくこういうことなのだと思う。そしておそらく今回の経験も。
 
どれだけ今後のキャリアに役立つかはわからないし、結局はサンクコストになるのかもしれないが、この経験は何か今後の人生に意外な影響を与えてくれそうな気がする、そんな留学であった。
 

| | コメント (0)

2016年8月29日 (月)

Remains of Oxford4: New College

 
オクスフォード留学の思い出にと、少しずつ写真を撮ってゆく。
 
オクスフォード大学での生活の基盤はやはりカレッジ。オクスフォードでの家であり、仲間や先生とふれあい、大いに触発される場だった。ここでの経験は、誰にとっても一生の宝になると思う。
 
P1070104
 
P1070103
 
P1070096
 
Dscf1915
 
P1070098
 
P1070123
 
P1070126
 
P1070129
 
Related entries
 
 
 

| | コメント (0)

2016年8月28日 (日)

Summmer Flowers2

夏の終わりに咲き誇る花々。
 
P1070165
 
P1070166
 
P1070167
 
P1070168
 
P1070169
 
P1070170

| | コメント (0)

2016年8月27日 (土)

Royal Automobile Club

 
オクスフォード滞在もあとわずか。残された時間で親しい友人に会いに行く。
 
今日はやはり旧友に会いにロンドンまで出かけた。
 
P1070440
 
P1070437
 
P1070445
 
P1070439  
 
P1070453

しばしウィンドウショッピングを楽しんで、Pall Mallへ。いつものO&Cはこの時期、夏期休業に入っているので、RAC (Royal Automobile Club)で待ち合わせる。

P1070455

1897年に設立された、自動車愛好家のための倶楽部だ。

P1070462

P1070463  

P1070461

P1070460

昨年12月以来の再会。つきあいは中学の時からだから、もう30年以上になる。

P1070456

P1070457

ランチを挟んで3時間ほど話し込んだ。

Related entries

- 倫敦逍遙

- ロンドンへII

- London at weekend

- ロンドン大学巡り

- Gate crasher

- 紳士倶楽部巡り

- Reunion in London

- Mayfair ramble

- Hampstead picnic

- Morning exercise

- December London

- 金曜のランチはフィッシュ&チップス

- 友人とのランチ

- ロンドンへ

- The Last Monday Bar Club

- 英国へ

| | コメント (0)

2016年8月23日 (火)

Remains of Oxford3: Department of Education

 
教育学研究科。お世話になりました。
 
P1070149
 
P1070158
 
P1070161
 
P1070154
 
P1070151
 
P1070153  
 
 

| | コメント (0)

2016年8月22日 (月)

Remains of Oxford2: the Town

 
中世起源の街、オクスフォード。古くからの大学町は、今もその雰囲気が色濃く残る。
 
P1070113
 
ブラックウェル書店。膨大な蔵書で、大学関係者の需要に応える。出版社でもある。大学町オクスフォードの主役の一人。
 
P1070112
 
町中に点在する無数のパブや民宿。
 
P1070185
 
P1070106
 
P1070118
 
 

| | コメント (0)

2016年8月21日 (日)

Remains of Oxford1: the University

 
オクスフォード留学の思い出にと、少しずつ大学と街の写真を撮ってゆく。
 
オクスフォード大学の象徴、ラドクリフ・カメラ。
 
P1070084
 
大学教会。
 
P1070083
 
オールド・ボドリアン・ライブラリー。
 
P1070085
 
P1070088
 
溜息の橋(ハートフォード・カレッジ)。
 
P1070093
 
シェルドニアン・シアター。
 
P1070111
 
キーブル・カレッジ
 
P1070380
 
アッシュモリアン博物館。
 
P1070391
 
オクスフォード大学自然史博物館。
 
P1070140
 
様々な研究所。
 
P1070172
 
P1070141
 
P1070177
 

| | コメント (0)

2016年8月20日 (土)

ロンドンの友人宅へ

オクスフォード滞在もあとわずか。残された時間で親しい友人たちに会いに行く。
 
今日は、ロンドンの友人宅へ。家族での訪問は初めてだ。電車での外出に、ゆーのすけぽんはご機嫌。
 
P1070296
 
ロンドン・パディントン駅へ到着。
 
P1070305
 
地下鉄工事のハプニングを乗り越えて、ハムステッドの友人宅へ。
 
P1070306
 
子供たちはすぐに仲良し。
 
P1070315
 
おいしいお食事とお茶をご馳走になる。
 
P1070323
 
しんちゃんは、お手製ベビー用ドクトラル・ガウンを着せてもらってご満悦。
 
P1070340
 
P1070355
 
家族の素敵なロンドンの思い出になりました。
 

| | コメント (0)

2016年8月13日 (土)

いくさの後

無事論文を提出して、一段落。
 
P1070370

| | コメント (0)

2016年8月12日 (金)

論文提出

無事、修士論文が完成。
 
P1070058
 
クラスメイトと誘い合わせて、Examination Schoolに提出に向かった。
何度も通った建物には、感慨がこもる。
 
P1070063
 
P1070065
 
P1070066
 
P1070067
 
P1070069
 
しっかり記念撮影 笑。
 
P1070073
 
P1070075
 
さあ、みんなでパブで祝杯だ。
 

| | コメント (0)

2016年7月27日 (水)

Jericho

 
家族ですんでいるのは、Jericho(ジェリコー)と呼ばれる地域。
 
シティセンターに近く、学生や若いアカデミックやプロフェッショナルが多く住むオクスフォードでも人気のエリアだ。
 
普段はあまり外食はしないが、夫婦で気になるイタリアンのお店があったので家族で夕食に繰り出した。
 
P1060990
 
P1060975
 
店員さんのくれた塗り絵に早速夢中になるゆーのすけぽん。
 
P1060977
 
入店する直前にしんちゃんは熟睡 笑。
 
P1060993
 
P1060978
 
P1060987
 
P1060994
 
P1060995
 
P1070002
 
P1070006
 
おいしかった。
 

| | コメント (0)

2016年7月24日 (日)

Summer afternoon picnic

夏至を過ぎたとはいえ、英国の夏の日はまだまだ長い。
日曜の夕方、家族で近くのUniversity Parksへピクニック。簡単な夕食を持参する。
 
P1060956
 
P1060955
 
しんちゃんはあぐらの上がお気に入り(笑)。
 
P1060960
 
P1060965
 
 

| | コメント (0)

«Summer rose