2016年8月27日 (土)

Royal Automobile Club

 
オクスフォード滞在もあとわずか。残された時間で親しい友人に会いに行く。
 
今日はやはり旧友に会いにロンドンまで出かけた。
 
P1070440
 
P1070437
 
P1070445
 
P1070439  
 
P1070453

しばしウィンドウショッピングを楽しんで、Pall Mallへ。いつものO&Cはこの時期、夏期休業に入っているので、RAC (Royal Automobile Club)で待ち合わせる。

P1070455

1897年に設立された、自動車愛好家のための倶楽部だ。

P1070462

P1070463  

P1070461

P1070460

昨年12月以来の再会。つきあいは中学の時からだから、もう30年以上になる。

P1070456

P1070457

ランチを挟んで3時間ほど話し込んだ。

Related entries

- 倫敦逍遙

- ロンドンへII

- London at weekend

- ロンドン大学巡り

- Gate crasher

- 紳士倶楽部巡り

- Reunion in London

- Mayfair ramble

- Hampstead picnic

- Morning exercise

- December London

- 金曜のランチはフィッシュ&チップス

- 友人とのランチ

- ロンドンへ

- The Last Monday Bar Club

- 英国へ

| | コメント (0)

2016年8月23日 (火)

Remains of Oxford3: Department of Education

 
教育学研究科。お世話になりました。
 
P1070149
 
P1070158
 
P1070161
 
P1070154
 
P1070151
 
P1070153  
 

| | コメント (0)

2016年8月22日 (月)

Remains of Oxford2: the Town

 
中世起源の街、オクスフォード。古くからの大学町は、今もその雰囲気が色濃く残る。
 
P1070113
 
ブラックウェル書店。膨大な蔵書で、大学関係者の需要に応える。出版社でもある。大学町オクスフォードの主役の一人。
 
P1070112
 
町中に点在する無数のパブや民宿。
 
P1070185
 
P1070106
 
P1070118
 

| | コメント (0)

2016年8月21日 (日)

Remains of Oxford1: the University

 
オクスフォード留学の思い出にと、少しずつ大学と街の写真を撮ってゆく。
 
オクスフォード大学の象徴、ラドクリフ・カメラ。
 
P1070084
 
大学教会。
 
P1070083
 
オールド・ボドリアン・ライブラリー。
 
P1070085
 
P1070088
 
溜息の橋(ハートフォード・カレッジ)。
 
P1070093
 
シェルドニアン・シアター。
 
P1070111
 
キーブル・カレッジ
 
P1070380
 
アッシュモリアン博物館。
 
P1070391
 
オクスフォード大学自然史博物館。
 
P1070140
 
様々な研究所。
 
P1070172
 
P1070141
 
P1070177
 

| | コメント (0)

2016年8月20日 (土)

ロンドンの友人宅へ

オクスフォード滞在もあとわずか。残された時間で親しい友人たちに会いに行く。
 
今日は、ロンドンの友人宅へ。家族での訪問は初めてだ。電車での外出に、ゆーのすけぽんはご機嫌。
 
P1070296
 
ロンドン・パディントン駅へ到着。
 
P1070305
 
地下鉄工事のハプニングを乗り越えて、ハムステッドの友人宅へ。
 
P1070306
 
子供たちはすぐに仲良し。
 
P1070315
 
おいしいお食事とお茶をご馳走になる。
 
P1070323
 
しんちゃんは、お手製ベビー用ドクトラル・ガウンを着せてもらってご満悦。
 
P1070340
 
P1070355
 
家族の素敵なロンドンの思い出になりました。
 

| | コメント (0)

2016年8月13日 (土)

いくさの後

無事論文を提出して、一段落。
 
P1070370

| | コメント (0)

2016年8月12日 (金)

論文提出

無事、修士論文が完成。
 
P1070058
 
クラスメイトと誘い合わせて、Examination Schoolに提出に向かった。
何度も通った建物には、感慨がこもる。
 
P1070063
 
P1070065
 
P1070066
 
P1070067
 
P1070069
 
しっかり記念撮影 笑。
 
P1070073
 
P1070075
 
さあ、みんなでパブで祝杯だ。
 

| | コメント (0)

2016年7月27日 (水)

Jericho

 
家族ですんでいるのは、Jericho(ジェリコー)と呼ばれる地域。
 
シティセンターに近く、学生や若いアカデミックやプロフェッショナルが多く住むオクスフォードでも人気のエリアだ。
 
普段はあまり外食はしないが、夫婦で気になるイタリアンのお店があったので家族で夕食に繰り出した。
 
P1060990
 
P1060975
 
店員さんのくれた塗り絵に早速夢中になるゆーのすけぽん。
 
P1060977
 
入店する直前にしんちゃんは熟睡 笑。
 
P1060993
 
P1060978
 
P1060987
 
P1060994
 
P1060995
 
P1070002
 
P1070006
 
おいしかった。
 

| | コメント (0)

2016年7月24日 (日)

Summer afternoon picnic

夏至を過ぎたとはいえ、英国の夏の日はまだまだ長い。
日曜の夕方、家族で近くのUniversity Parksへピクニック。簡単な夕食を持参する。
 
P1060956
 
P1060955
 
しんちゃんはあぐらの上がお気に入り(笑)。
 
P1060960
 
P1060965
 
 

| | コメント (0)

2016年7月18日 (月)

Summer rose

 
P1060925
 
早朝の庭に薔薇が咲いていた。
 

| | コメント (0)

2016年7月17日 (日)

St Margaret's Church School

オクスフォード滞在中に家族で通っていたSt Margaret's Church。
 
今日は教会学校の合唱の催しがあり、ゆーのすけぽんも参加した。とても面倒見の良い教会学校教師のリズは、本職も小学校の先生をしている素敵な女性だ。
 
P1140940
 
年上の子たちに混じって、譜面を読めるふりして一生懸命歌っている(笑)。
 
P1140936
 
ボランティアで楽譜を集めようとして・・・、ぐちゃぐちゃ(笑)。
 
P1140932
 
 

| | コメント (0)

2016年7月13日 (水)

Wales5: Snowdonia

 
ウェールズ旅行も最終日、朝露のスノードニアをドライブして、オクスフォードを目指す。
 
P1060874
 
P1060883
 
P1060880
 
P1060905
 
P1060908
 
子供が小さくて今回は無理だったが、またいつか訪れて家族でゆっくり山歩きをしてみたくなる場所であった。
 
P1060921
 
さて、仕事に戻らねば。
 
 
Related entries
 

| | コメント (0)

2016年7月12日 (火)

Wales4: Pen-Y-Gwryd Hotel

今日の宿を探しながら、カナーヴォンからコンウィへ海沿いをドライブする。コンウィまで来たが、あまり家族の眼鏡に適うところがなく、再び山岳地帯に車を向ける。
 
スノードニア国立公園のワインディングを走っていて見つけたのが、Pen-Y-Gwrydというホテル。
 
P1060844
 
尋ねてみると部屋があったので、チェックイン。国立公園に抱かれて建つホテルで、窓外はこんな感じで、・・・
 
P1060858
 
・・・、内部はレトロな山のホテル。
 
P1060846
 
P1060847
 
1811年に歴史がさかのぼるホテルは、スノードン登山の宿として重宝されたようだ。
エベレスト登頂隊を含む、ヒマラヤ登山隊のトレーニングの基地にもなっていた。
 
P1060913
 
オクスブリッジのカレッジのプラークが飾ってあり、わがNew Collegeのメンバーも常連だったと思われる。
 
P1060839_2
 
P1060840_2
 
はい子供たち、お風呂の時間です。バスタブは、ヴィクトリア朝時代のものがそのまま残っていた。
 
P1060859
 
P1060860
 
ホテルの中をたっぷり探検して夕食。
 
P1060862
 
P1060863
 
食後に、夕暮れの中を少しだけ散歩する。いいところだ。
 
P1060864
 
P1060870
 
  
Related entries
 

| | コメント (0)

Wales3: Caernarfon

車を北上させて、カナーヴォンに入った。メナイ海峡の東岸にある中世都市だ。
 
P1060811
 
カーディフに続いて、長男の大好きなお城がある。
英国皇太子(the Prince of Wales)の即位式が行われるカナーヴォン城。
 
P1060830
 
わくわくのゆーのすけぽん。
 
P1060832

P1060823

P1060824

P1060822

P1060820

大きな城の中を駆け回って、好奇心を満足させていた。

Related entries

- Wales2: Betws-y-Coed

- Wales1: Cardiff

| | コメント (0)

2016年7月11日 (月)

Wales2: Betws-y-Coed

カーディフを北上して3時間、中部〜北ウェールズの丘陵地帯にさしかかる。

P1060802

P1060791

延々と続くワインディングを攻めるドライブが楽しい。

P1060796

本日の宿泊場所は、Betws-y-Coedという小さな村。

P1060784

Ty Gwynというウェールズ風のかわいいホテルを見つけたので、今夜の宿に決めた。

P1060781

P1060779

P1060774

のんびりと寛ぐ。

P1060789

Related entries

- Wales1: Cardiff

| | コメント (0)

2016年7月10日 (日)

Wales1: Cardiff

ケンブリッジを出発して一路西へと向かう。

ブリテン島南部を横切り、サヴァーン川の長い橋を越えてウェールズに入った。1995年から1年間、英国ウェールズ政府奨学生として留学したカーディフへ。

道中、立ち寄ったのがこちら。

P1060704
87 Colum Hall(当時は87 Colum Road)。留学当時寄宿していた寮だ。20年ぶりだが、全然変わっていない。

P1060701
再び訪れることができるとは。ビジネススクールでも記念撮影。

P1060703
ホテルにチェックインして、カーディフ城を見物する。カーディフと南ウェールズの領主であったブート侯爵の居城である。

P1060757

構内には中世のキープ(城塞)が残る

P1060708
P1060706

19世紀、領地から産する高品位の石炭の輸出で、当時の侯爵家は世界でも有数の資産家であった。

この城は、その有り余る資産を注ぎ込んで建設されたロマン主義の産物である(南ドイツのノイシュバンシュタイン城の出自に近い)。

P1060711

子供部屋の内装。

P1060721

P1060724

ホール。

P1060726

P1060734

居室ごとに独自の意匠を持つ。ギリシア風の部屋。

P1060746

P1060747

こちらはアラブ様式。

P1060755

P1060756

20世紀に入り、エネルギー革命でウェールズでの石炭事業に見切りをつけた侯爵家当主は、居城その他をカーディフ市に寄付して、スコットランドへ隠遁したという。

P1060707

| | コメント (0)

2016年7月 9日 (土)

Cambridge Visit 2016 Summer5: Judg Business School alumni reunion & dinner

ビジネススクールでのウェルカム・ティーを終えて、ひとまず宿に戻り、ディナージャケットに着替えてキングズ・カレッジに向かう。卒業生のための同窓会とディナーが開かれるのだ。

P1140904

ドリンク・レセプションは庭園の芝生で。

P1140890

P1140891
久しぶりの顔を見つけて、しばし談笑する。

P1140897
P1140899
ひとしきり話が弾むと、バトラーにダイニングホールへと案内された。

P1140905

P1140907
学生時代に戻ってワインの杯を重ね、昔の同志たちと旧交を温める。

P1140913
P1140917

3時間ほどのディナーもあっという間に終わり、名残惜しい面々はバーに残って旧友との時間を過ごしていた。

P1140920

Related entries

- Cambridge Visit 2016 Summer4: Walking down to the Business School

- Cambridge Visit 2016 Summer3: Granchester

- Cambridge Visit 2016 Summer2: St John's College

- Cambridge Visit 2016 Summer1: Punting

- Cambridge Visit 2016 Winter2

- Cambridge Visit 2016 Winter1

- Cambridge Visit 2014

- Johnian's reunion

- セントジョンズ・カレッジ聖歌隊コンサート&レセプション

- LMBC Dinner

- LMBC Reunion

- Walks in Cambridge II

- Some Johnians ...

- 学寮に泊まる

- Quincentenary Week

- 500th Anniversary

- Walks in Cambridge

- Interviews in Cambridge

- 800th Anniversary

- カレッジの同窓会

- LMBCの後輩

- 学寮での晩餐

- LMBCの服飾的貢献

- The Last Monday Bar Club

| | コメント (0)

Cambridge Visit 2016 Summer4: Walking down to the Business School

グランチェスターからケンブリッジに戻って、大学町を散歩する。

P1060652
トリニティ・カレッジのバックス・ゲート。私の好きな眺め。そしてキングズ・カレッジへ。

P1060657
P1060661
有無を言わせぬスケールに圧倒される。

P1060663
P1060664
P1060665

P1060673

P1060674

P1060675

P1060676

P1060682

そして私が学んだビジネススクールへ。

P1060690

P1060688

P1060686

今日はビジネススクールのOB会が開かれている。家族揃って、ビジネススクールでのウェルカム・ティーに参加した。

P1060685

P1060687

Related entries

- Cambridge Visit 2016 Summer3: Granchester

- Cambridge Visit 2016 Summer2: St John's College

- Cambridge Visit 2016 Summer1: Punting

- Cambridge Visit 2016 Winter2

- Cambridge Visit 2016 Winter1

- Cambridge Visit 2014

- Johnian's reunion

- セントジョンズ・カレッジ聖歌隊コンサート&レセプション

- LMBC Dinner

- LMBC Reunion

- Walks in Cambridge II

- Some Johnians ...

- 学寮に泊まる

- Quincentenary Week

- 500th Anniversary

- Walks in Cambridge

- Interviews in Cambridge

- 800th Anniversary

- カレッジの同窓会

- LMBCの後輩

- 学寮での晩餐

- LMBCの服飾的貢献

- The Last Monday Bar Club

| | コメント (0)

Cambridge Visit 2016 Summer3: Granchester

ケンブリッジ滞在二日目。日中は、家族を近郊の風光明媚なグランチェスター村に案内した。

P1060616

P1060614
村の小さな教会。

P1060622
P1060626
P1060625
たっぷり歩いたので、お昼にしましょうか。グランチェスターに来たらここ、という定番のオーチャード・ガーデンへ。

P1060638
P1060642
サンドイッチとお茶の昼食をとり、のんびり過ごした。

P1060628
P1060643

Related entries

- Cambridge Visit 2016 Summer2: St John's College

- Cambridge Visit 2016 Summer1: Punting

- Cambridge Visit 2016 Winter2

- Cambridge Visit 2016 Winter1

- Cambridge Visit 2014

- Johnian's reunion

- セントジョンズ・カレッジ聖歌隊コンサート&レセプション

- LMBC Dinner

- LMBC Reunion

- Walks in Cambridge II

- Some Johnians ...

- 学寮に泊まる

- Quincentenary Week

- 500th Anniversary

- Walks in Cambridge

- Interviews in Cambridge

- 800th Anniversary

- カレッジの同窓会

- LMBCの後輩

- 学寮での晩餐

- LMBCの服飾的貢献

- The Last Monday Bar Club

| | コメント (0)

Cambridge Visit 2016 Summer2: St John's College

カレッジのゲスト・ルームで迎える朝。おはよう、ゆーのすけぽん、しんちゃん。

P1060570
カレッジのキャンティーンでたっぷりのSt John's Breakfastの朝ご飯。こちらの学生サイズで朝から満腹。

P1060573

P1060584
腹ごなしにカレッジを散歩する。

P1060592
P1060593

P1060595

カレッジ設立者のレディ・マーガレットを寓意する想像上の動物イェール。

P1060599

カレッジの庭園は花で埋まっていた。

P1060602

P1060603

P1060608

P1060699

P1060611

鷲は、福音書著者の聖ヨハネ(St John, the Evangelist)を寓意する。我がカレッジの象徴である。

Related entries

- Cambridge Visit 2016 Summer1: Punting1

- Cambridge Visit 2016 Winter2

- Cambridge Visit 2016 Winter1

- Cambridge Visit 2014

- Johnian's reunion

- セントジョンズ・カレッジ聖歌隊コンサート&レセプション

- LMBC Dinner

- LMBC Reunion

- Walks in Cambridge II

- Some Johnians ...

- 学寮に泊まる

- Quincentenary Week

- 500th Anniversary

- Walks in Cambridge

- Interviews in Cambridge

- 800th Anniversary

- カレッジの同窓会

- LMBCの後輩

- 学寮での晩餐

- LMBCの服飾的貢献

- The Last Monday Bar Club

| | コメント (0)

«Cambridge Visit 2016 Summer1: Punting