« Autumn Campus 2009 | トップページ | 秋休み »

2009年11月21日 (土)

父の一周忌

P1010172

父が亡くなってから早一年が巡り、菩提寺で一周忌の法要が執り行われた。墓所の整備に時間がかかり、命日を過ぎてからの法事となった。

我が家の墓所は、三百年ほど前に初代が分家してから現在の場所にある。私で十代目となるが、私の三代前の当主が最後に大きな整備をしてから既に百年がたっていて、墓所の整備は父も亡くなる前に取りかかろうとしていた仕事であった。

そこで亡父の墓を建てる前に、まず墓所全体を整備する必要がある。ひびが入った外構を修理し石を磨き、初代から六代目までのお墓は新たに刻んだ五輪塔に合祀して、墓誌を作る。それからやっと亡父のお墓を作るのである。

墓誌を作るにあたっては、過去帳やお位牌、あるいは墓石の戒名や没年をつきあわせて、数代にわたる先祖の足跡を追うことになった。二百年以上前だと、当主の名前はわかるが、その妻や子供の名前は記されていないものも多い。家を大きくした当主の名前が代々襲名されていたこともわかった。また実際に整備するとなると決めなければならないことも多く、おかげで五輪塔や墓石の材質や形にも詳しくなった。

こうして迎えた法事の日は朝からの快晴、気温もこの時期にしては暖かい小春日和の一日。年輩の参列者にも負担が少ない天候で、ほっとする。集まった身内に挨拶して、ご足労を謝す。

いまの大学への移籍も父の体調や家業の手伝いなどのこともあって決めたのだが、残念ながら、移籍は父の臨終には間に合わなかった。思い返せば、新しい仕事や東京への移転、実家のことなどが山積した一年間。この先にもいろいろとすべきことはあるが、一つのことを無事に終えたという感慨とともに、あらためて父の冥福を祈った。

P1010168


|

« Autumn Campus 2009 | トップページ | 秋休み »

Think! より(旧 履中亭より)」カテゴリの記事

コメント

ご尊父様に大変お世話になりました。
今でもとても感謝しております。
ご尊父様のご冥福を心よりお祈りいたします。

投稿: ハイジ | 2010年1月18日 (月) 19時14分

コメントありがとうございます。
生前の父におつき合いいただきまして、ありがとうございました。こうして偲んでいただける方がいること、父も大変喜んでいると思います。
心より感謝いたします。

投稿: Think! | 2010年1月24日 (日) 10時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Autumn Campus 2009 | トップページ | 秋休み »