« 『キャリアで語る経営組織 —個人の論理と組織の論理』 | トップページ | 小諸へ »

2010年5月21日 (金)

Room to Read & U-Lead

アジア・アフリカの開発途上国で現地のNGOや村の人々などのコミュニティと協力、学校や図書館などの教育に必要な施設を建設しているNGO Room to Read。そのメンバーとして活動している知人から、学生主催イベントの紹介を頼まれた。Room to Readの学生チームU-Leadがメンバーが表参道で開くイベントを大学で紹介してほしいとのこと。

こういう活動に興味を持つ学生も多いので二つ返事で引き受けた。U-Leadのスタッフ(←慶応の学生)二人に三鷹のキャンパスまで来てもらい、私が担当する2クラスの授業でそれぞれ10分ほど告知をしてもらう。

P1000214

彼らは企業スポンサーの協賛を受けて学生向けのチャリティー・イベントを企画していて、活動に興味のある参加者からチケット収入と企業からの寄付が発展途上国での図書館建設の原資となる。スタッフが手分けして各大学を回っていた。イベントの目標動員数は、ホールのキャパシティに近い500人とのことだ。

イベント当日。果たしてどんな具合だろうか。お誘いも受けたし、妻と買い物ついでに表参道まで出かけてみる。

P1000232

P1000242

見事、大入り。感心しながら、見物した。

 

|

« 『キャリアで語る経営組織 —個人の論理と組織の論理』 | トップページ | 小諸へ »

大学人の日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『キャリアで語る経営組織 —個人の論理と組織の論理』 | トップページ | 小諸へ »