« 腰越散歩 | トップページ | ひげの会 »

2011年6月19日 (日)

ゼミ飲み会(Spring 2011)

春学期のゼミが終わり、武蔵境の居酒屋で打ち上げの飲み会が開かれた。

ICUでは、他大学では一般的な3・4年生の演習(ゼミナール)はなく、4年生時に専攻所属の教員の下で卒業研究と卒業論文の執筆が課されている。経営学担当教員の数が少ないせいだが、私は毎年20名ほどの4年生を担当し、週2コマのゼミ形式で卒業研究を指導している。

春学期は4年生も就職活動の面接などでゼミに出られないことも多いが、これだけ大所帯だと毎回少なくとも12〜3人は出席してくるので、いろいろとディスカッションも可能になる。

今学期は、「研究とは」、「社会理論とは」、「テーマの選び方・絞り方」、「研究戦略のたて方」、「文献の集め方」など研究の初歩を教えて、学生たちにそれぞれの研究テーマを決めるよう指導する。一人3回の発表を通じて、皆徐々にどのようなことをすればよいか掴めてきたようだ。

卒業研究の指導の仕方は教員のより様々だろうが、卒業「研究」と名がついているクラスなのだから、しっかりと研究して(レポートではなく)「論文」を書くゼミだということにして、所属学生にはそれなりのレベルのものを求めている。就職活動も終盤、就職活動を終えた学生たちが夏休み中にどんな文献を渉猟してくるのか、楽しみに待つとしよう。

さて飲み会は、飲み会幹事の見つけてきた沖縄料理の居酒屋で執り行われる。15名ほどが参加し、ゼミの打ち上げを祝した。

P1030902

しこたま飲んだ後は、有志の学生と近くのロイヤルホストでお茶をして2時間ほどすごす。アイスクリームをなめながら、深夜ファミレスでまったりお茶というのは、周りに学生がいないとないシチュエーションだな〜と気づき、自分が学生だった当時をふと思い出すのであった。

|

« 腰越散歩 | トップページ | ひげの会 »

大学人の日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 腰越散歩 | トップページ | ひげの会 »