カテゴリー「オクスフォード留学」の104件の記事

2016年8月30日 (火)

Bye bye Oxford

 
P1070484
 
留学を終え、オクスフォードを離れる。

教育学は全くの初学者だったが、高等教育は前から勉強してみたかったし、1年で修士号がとれるし、何か新しいことをやってみるのもよいかなと思って出願してみたのだが、とてもよかった。高等教育についてだけでなく、前回のケンブリッジ大学留学時以来15年ぶりにグローバル・トップの大学の最新の大学院教育を見ることが出来たことも、多くのインプットとアップデートになった。

サバティカルなので、滞在中は教育学の勉強だけではなく、同時並行で経営学の論文を1本、分担執筆で本の1章、それから共著の教科書を執筆した。カレッジのボート部やワインサークル、ユニオン・ソサエティなどでも活動できたし、大学中に知り合いが出来た。振り返ってみるとなかなか充実した滞在だったと思う。

後半の5ヶ月は、家族も合流した。皆初めての海外生活で最初の頃はいろいろと大変だったが、慣れてくるとオクスフォードでの生活を大いに楽しんでいた。まだ日本に帰りたくないし、また来たいという 笑。

オクスフォード大学の知と知性と歴史の巨大な蓄積には、目を見張るばかりであった。膨大な蔵書や電子リソースに、優れた教員と学生たちに、研究・教育の仕組みと雰囲気と歴史に。この巨大な知の伽藍とコミュニティは、数年ではとても理解したり、吸収したり、味わったりしきれない圧倒的なものだ。このような感覚を得るのも久しぶりであったし、一年とはいえ、再びそんな環境で学ぶことができたのはとても幸運なことだと思う。

下世話な話だが、このような経験にかかった学費は19,000ポンド(ざっくり学費15,000ポンド+カレッジフィー4,000ポンド)。正直言って、40台半ばの中年男がいまさら教育学の修士号を取得したとて、おそらく元は取れないだろう。では単なる自己満足、あるいは時間と金の無駄だったか?

そうかもしれない。しかし、そんなことを考えていると、『暮しの手帖』(当時は『美しい暮しの手帖』)の巻頭言を思い出す。そこには、編集長だった花森安治がこう書いている。

「これはあなたの手帖です
いろいろのことが ここには書きつけてある
この中の どれか 一つ二つは
すぐ今日 あなたの暮しに役立ち
せめて どれか もう一つか二つは
すぐには役に立たないように見えても
やがて こころの底ふかく沈んで
いつか あなたの暮しを変えてしまう
そんなふうな
これは あなたの暮しの手帖です」

読書をする、あるいは知識や教養を身につけるということは、まさしくこういうことなのだと思う。そしておそらく今回の経験も。
 
どれだけ今後のキャリアに役立つかはわからないし、結局はサンクコストになるのかもしれないが、この経験は何か今後の人生に意外な影響を与えてくれそうな気がする、そんな留学であった。
 

| | コメント (0)

2016年8月29日 (月)

Remains of Oxford4: New College

 
オクスフォード留学の思い出にと、少しずつ写真を撮ってゆく。
 
オクスフォード大学での生活の基盤はやはりカレッジ。オクスフォードでの家であり、仲間や先生とふれあい、大いに触発される場だった。ここでの経験は、誰にとっても一生の宝になると思う。
 
P1070104
 
P1070103
 
P1070096
 
Dscf1915
 
P1070098
 
P1070123
 
P1070126
 
P1070129
 
Related entries
 
 
 

| | コメント (0)

2016年8月28日 (日)

Summmer Flowers2

夏の終わりに咲き誇る花々。
 
P1070165
 
P1070166
 
P1070167
 
P1070168
 
P1070169
 
P1070170

| | コメント (0)

2016年8月27日 (土)

Royal Automobile Club

 
オクスフォード滞在もあとわずか。残された時間で親しい友人に会いに行く。
 
今日はやはり旧友に会いにロンドンまで出かけた。
 
P1070440
 
P1070437
 
P1070445
 
P1070439  
 
P1070453

しばしウィンドウショッピングを楽しんで、Pall Mallへ。いつものO&Cはこの時期、夏期休業に入っているので、RAC (Royal Automobile Club)で待ち合わせる。

P1070455

1897年に設立された、自動車愛好家のための倶楽部だ。

P1070462

P1070463  

P1070461

P1070460

昨年12月以来の再会。つきあいは中学の時からだから、もう30年以上になる。

P1070456

P1070457

ランチを挟んで3時間ほど話し込んだ。

Related entries

- 倫敦逍遙

- ロンドンへII

- London at weekend

- ロンドン大学巡り

- Gate crasher

- 紳士倶楽部巡り

- Reunion in London

- Mayfair ramble

- Hampstead picnic

- Morning exercise

- December London

- 金曜のランチはフィッシュ&チップス

- 友人とのランチ

- ロンドンへ

- The Last Monday Bar Club

- 英国へ

| | コメント (0)

2016年8月23日 (火)

Remains of Oxford3: Department of Education

 
教育学研究科。お世話になりました。
 
P1070149
 
P1070158
 
P1070161
 
P1070154
 
P1070151
 
P1070153  
 
 

| | コメント (0)

2016年8月22日 (月)

Remains of Oxford2: the Town

 
中世起源の街、オクスフォード。古くからの大学町は、今もその雰囲気が色濃く残る。
 
P1070113
 
ブラックウェル書店。膨大な蔵書で、大学関係者の需要に応える。出版社でもある。大学町オクスフォードの主役の一人。
 
P1070112
 
町中に点在する無数のパブや民宿。
 
P1070185
 
P1070106
 
P1070118
 
 

| | コメント (0)

2016年8月21日 (日)

Remains of Oxford1: the University

 
オクスフォード留学の思い出にと、少しずつ大学と街の写真を撮ってゆく。
 
オクスフォード大学の象徴、ラドクリフ・カメラ。
 
P1070084
 
大学教会。
 
P1070083
 
オールド・ボドリアン・ライブラリー。
 
P1070085
 
P1070088
 
溜息の橋(ハートフォード・カレッジ)。
 
P1070093
 
シェルドニアン・シアター。
 
P1070111
 
キーブル・カレッジ
 
P1070380
 
アッシュモリアン博物館。
 
P1070391
 
オクスフォード大学自然史博物館。
 
P1070140
 
様々な研究所。
 
P1070172
 
P1070141
 
P1070177
 

| | コメント (0)

2016年8月20日 (土)

ロンドンの友人宅へ

オクスフォード滞在もあとわずか。残された時間で親しい友人たちに会いに行く。
 
今日は、ロンドンの友人宅へ。家族での訪問は初めてだ。電車での外出に、ゆーのすけぽんはご機嫌。
 
P1070296
 
ロンドン・パディントン駅へ到着。
 
P1070305
 
地下鉄工事のハプニングを乗り越えて、ハムステッドの友人宅へ。
 
P1070306
 
子供たちはすぐに仲良し。
 
P1070315
 
おいしいお食事とお茶をご馳走になる。
 
P1070323
 
しんちゃんは、お手製ベビー用ドクトラル・ガウンを着せてもらってご満悦。
 
P1070340
 
P1070355
 
家族の素敵なロンドンの思い出になりました。
 

| | コメント (0)

2016年8月13日 (土)

いくさの後

無事論文を提出して、一段落。
 
P1070370

| | コメント (0)

2016年8月12日 (金)

論文提出

無事、修士論文が完成。
 
P1070058
 
クラスメイトと誘い合わせて、Examination Schoolに提出に向かった。
何度も通った建物には、感慨がこもる。
 
P1070063
 
P1070065
 
P1070066
 
P1070067
 
P1070069
 
しっかり記念撮影 笑。
 
P1070073
 
P1070075
 
さあ、みんなでパブで祝杯だ。
 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧